消費者金融の正しい使用についての情報が満載なので必見です!

消費者金融の審査について

融資を受ける際に申し込みをしますが、ここで必ず受ける必要があるのが「審査」です。

審査は、借り手の人間が信頼できるに値するかどうかを判断されます。
・・・と言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、難しいことはなく、要は返済能力がある人か否かということです。

消費者金融としては融資をするからには、利子をつけて返済してもらう必要があります。
そのため、返済能力がない人間に融資をすることはできませんので、年齢、職業、収入などから返済能力の有無を調べられます。この情報は申し込みの際に記載したものから考慮されます。

審査に通過したいからと言って、申し込みで嘘を記入することは当然許されません。
申込者の会社に連絡などしてきちんと調べられますので、嘘がバレると信頼は当然得られなく、融資を受けることは確実に不可能になります。
また、こういった情報は「信用情報機関」に登録されますので、嘘をつくと他の消費者金融からの借入れもできなくなります。

※情報信用機関
個人が利用したクレジット情報、ローン情報が登録される機関です。
安全でトラブルが起こらないように、「個人の信用情報」を管理し、金融会社等に情報提供しています。

/
では、ローン審査の基準は何かというと、消費者金融ごとに審査基準は異なるため一概に基準を述べることはできません。
ただし、必要最低限の条件としては、年齢(20歳以上)、仕事、年収(継続的な収入があるか)です。
また、他の消費者金融から借入れしている場合は、そのローンや過去の返済トラブルも考慮されます。
ローンを利用すること自体が初めてで、審査基準を満たし、ローン経歴がクリーンな人であれば、比較的、誰でもローン審査には通るでしょう。

ただし、審査に落ちたからと言って、立て続けに申し込みをするのもやめましょう。
短期間のうちに複数社の消費者金融に申し込みをすると申し込みブラックとみなされて、信用情報機関に登録されて、他の消費者金融の審査に通りにくくなります。
このことからも、初めから自分のライフスタイルを考慮して、審査が通りやすそうな消費者金融のローンを利用することが大切です。