消費者金融の正しい使用についての情報が満載なので必見です!

消費者金融といえば、なぜだか「借金」という感覚が拭えない。
だが、使いようによっては非常に便利なシステムで、度々助けられたこともあった。
昔、とにかく収入が低かった時期があり、金欠のたびに困り、誰かに「貸して」と頼むという行動を繰り返していたが、いつのまにか「また?」と嫌がられたり、時には信用がなくなったりすることもあった。
人間関係に「金銭」を絡ませるとやっかいだ。
その度に、こちらも「少ししか借りないのに…」と嫌な思いをすることになる。
そこで、消費者金融を有効的に使うとずいぶん簡単で気分が楽だった。
ストレスが減り、別に信用がなくなったり、人間関係に困らない。
いいことばかりだった。/
金欠は給料日の約2・3日前から始まり、そこでお金を借りる。
金欠以外でも、例えば「ご祝儀」や「香典」など、突然必要になるお金がある。
いままでだったら、普段の生活を削り削り、捻出しなくてはならなくて、しかも親しい友人なのに額が低くて恥ずかしい思いを味わうことは辛い。
それが消費者金融を使えば、なくなる。
給料をもらったらすぐに返すということさえ気をつけていたら、金利による利息もそこまで高くない。
きちんと計算して、この時期に借りたら、これだけ利息が付いてきて…とそこまで考えて借りること。
この2点を気をつければいい。
ようは使い方しだいなのだ。
「借金」というイメージにつきまとう「借金取り」など、今までも、これからもお付き合いはしないだろうと思うが、ちゃんと期日までには全額返せば、こんな便利なことはない。