消費者金融の正しい使用についての情報が満載なので必見です!

悪徳業者に騙されないために・・・

クリーンな履歴の人であれば比較的審査には通りやすいとはいえ、今の時代は審査が厳しくもなっています。
というのも、2010年に貸金業法が改正され、金利面での引き下げがあったためです。

金融業会は、利息制限法という法律によって元金に応じて1年間の年利率上限が定められています。
・元金10万円以下・・・年利率20%まで
・元金10万円~100万円以下・・・年利率18%まで
・元金100万円以上・・・年利率15%まで

しかし、これに加えて出資法という法律も存在しています。
出資法とは、年利率29.2%を超えない限りは刑罰にあたらないと定めた法律です。

そのため、利息制限法の最高上限20%から、出資法の29.2%までの間の金利が、どっちともつかない“グレーゾーン金利”と呼ばれていました。/
つまり利息制限法を越えた金利での貸付は違法ではあるものの、29.2%を超えなければ処罰は受けません。
処罰の対象にならないと言うことから、利息制限法を越えるグレーソーン金利で貸し付ける消費者金融がたくさん存在したのです。

これが利息の払いすぎで起こる「過払い金」というものです。

長年問題視されてきたことですが、ようやく2010年の貸金業法改正によって、出資法の29.2%が利息制限法上限の20%まで引き下げられて、グレーゾーン金利は廃止されたのです。

ただ、こういった法改正によって優良な消費者金融は貸し手を以前に比べて選ぶようになっています。
やたら滅多ら融資はできなくなるので当然、審査は厳しくなります。
そうなると、優良な消費者金融の審査に通らなかった人は、いわゆるヤミ金へと流れてしまいます。

またヤミ金は、言葉巧みにお金が必要な人にとっては魅力的な文句を謳ってきます。
たとえば「ブラックOK」「審査なし」などです。
どれだけお金に困ろうがヤミ金を利用するくらいなら、別の手を考えた方が賢いでしょう。

優良な消費者金融を見分ける一つの判断基準として、「日本貸金業教会」のロゴマークを目安にしてみてください。

京都の神社結婚式を執り行う
京都で和の結婚式・披露宴を行うなら、神社・料亭ウエディングをお得なプランで